2007/01/20

博多濃麻呂 名島橋店 福岡市東区

風邪を引いて2、3日ほど寝てました。毎日肉さえ喰えれば満足の自分でもこの時ばかりはあっさりとしたものしか喉を通らず、しばらくはお茶漬けだけの毎日でした。でもある程度回復してくるとやっぱしいつもの食事が恋しくなるんですよね。といってもいきなり肉はヘビーなんでここは間をとってラーメンなんぞを。というわけで今日は博多濃麻呂名島橋店にいってきました。

koku1.jpg



リンクをみて頂ければ分かるんですが、どうもここはタン麺の方が人気があるみたいですね。ですが病み上がりの自分に体力をつけねばとここは奮起してチャーシュー麺をば。
koku2.jpg

大して待つことなくチャーシュー麺登場。うつわの間口は広いんですが底は結構浅いです。スープは脂っこくなくあっさりなんですが、味はかなり濃いかった。これが濃麻呂たるゆえんか?いや、これは時間も午後5時と中途半端な時間だったんで単にスープが煮詰まってしまっただけかも?ちょうどこの前紹介した一幸舎と真逆な感じ。チャーシューは非常に薄くサ○ポーの焼く豚らーめんのアレにそっくりな気も・・・。麺はかなり細いです。極細バリかた好きにはたまらないところ。あっさりで塩分きつめが病み上がりの体に合ったのか、替え玉までして久しぶり腹いっぱい食べました。満足です。ちゃんと替え玉用のラーメンスープのだしも置いてありましたが、今日の自分には替え玉入れたぐらいの薄まった味で丁度良かったかな。 

博多大将-福岡ラーメンブログさんにも書いてあるサクセスストーリー同様、自分がこの店を初めて知ったときと比べて濃麻呂も随分支店が増えました。おいしいラーメン屋さんなら支店が増えることは大歓迎なのすが、だけどどの支店もちゃんと同じ味って事はありえるんでしょうか?最初にこの店を教えてくれた友人は本店が一番おいしいといいますし、また逆にこの店を教えてやった友人によればやはり本店が一番おしいと言ってる次第。あのちっこい本店がねぇ・・・とか感心しつつ濃麻呂をググってみれば、面白い事に本店よりも東京の二子玉川店の方が検索に多くヒットし、また紹介してあるブログで結構目にしたのが高菜と紅しょうが入れ放題であな場です的なことが書いてあったこと。福岡じゃ普通なのに東京の人はかわいそうやねぇ。しかもおんなじチャーシュー麺でも福岡680円に対し東京は850円。福岡の人でよかったねぇ。

※評価
極細あっさりが好きな人なら是非。ただし塩分はきつめなので注意。


関連記事

コメント

非公開コメント