おいしいチャーハンの作り方のスレを実践してみる 上級編

ここでは、「おいしいチャーハンの作り方のスレを実践してみる 上級編」 に関する記事を紹介しています。

◎ ここんとこ急激に労働環境がかわり更新がままならなくなってきました。週に1、2度更新できれば・・・といった具合です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
食べログ グルメブログランキング

     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
前回の初級編でわりかしうまくチャーハンが作れるようになったので、調子に乗って上級編へ進んでみる。
「おいしいチャーハン」より抜粋

■10 炒め方(上級)
まず卵割れ。小さなボールにな。茶碗でもいいぞ。そしたら箸で適当にかき回せ。適当で良いぞ。
ところで、おまえ、右利きか?
右手はおたまな。で、鍋は左手だ。逆じゃないかって?
確かに鍋振るのは腕力要るけどな。大事なのはおたまの動かし方だ。ココは黙って信じとけ。とりあえず鍋は、”よいしょ”って言って飯がひっくり返せたらOKだ。それくらいの腕力はあるだろ。なかったら腕立てしろ腕立て。
目の前に何がある。そう、油の回った鍋だ。
右手に卵の入ったボール。左手に飯。深呼吸しろ。これからの1分が勝負だ。おたまは右手の近くにおいとけ。

■11 炒め方 上級 その2
準備はいいか?もう一回確認しろ。
鍋は暖まってるか? 油は焦げてないか?
よしいくぞ。
まず鍋の真中に卵を一気に入れろ。端から流し込んじゃダメだ。
くっつくぞ。真中の油の溜まっているところに落とせ。ほら、一気
に卵が膨らむだろ。端っこの方から固まって真中はまだ生のままだ。
すぐに右手におたまを持て。ボールに残った卵の残りに未練を持つな。すぐにだぞ。
そしたら、飯を入れろ。入れたらすぐに左手で鍋を持て。
まず最初に鍋を振って1回ひっくり返せ。全体をだ。
ぼやぼやしてると卵が焦げる。そしたら卵の上からおたまで飯を
”切れ”。いいか、かき混ぜるんじゃないぞ。おたまを横にして叩く
ようにして飯の塊を切るんだ。手早くな。そこそこ切れたら飯をもう
一回ひっくり返せ。2-3回ひっくり返して、切るを繰り返せ。
そしてら、飯の塊がだんだん小さくなる。ある程度小さくなると切り
にくくなるはずだ。逃げちゃうからな。

■12 炒め方 上級 その3
次が肝心だ。その小さな塊をたたけ。おたまの底でな。飯粒がつぶれちゃうんじゃ無いかって?その前に塊が崩れるだろ。
次から次へと叩け。ある程度つぶれたらおたまをひっくり返して掻くようにかき回せ。たまにひっくり返すのを忘れるなよ。
何固くてつぶれない?だからって力こめて押し付けるな。飯粒が潰れる。コンコンって小刻みに叩いてみな。そのほうがベストだ。
もうココまででほぼ完成だ。バラバラになるまで叩く→掻き回す。ひっくり返すを繰り返せ。
本当はココから16ビートで鍋を振れるといいが今は忘れろ。
下手に振ろうとすると火から鍋が離れて温度が下がる。


もうこのスレに影響されまくちゃってとうとう鉄鍋を買っちゃいました。近くのスーパーで26cmのテフロン鍋が230円で買えるなか同サイズの鉄鍋は1980円。テフロン鍋なら8回ほど使い捨てできるお値段。そのうえ鉄鍋は洗剤では洗えず使い終わったらちゃんと乾かして油を引いておかないといけないという面倒くささ。そしてテフロン鍋とは比べ物にならないくらい重い。もう経済的にも使い勝手もテフロンの方が断然上なんですが、にもかかわらず、好奇心に負け買っちゃいました。でその格闘の結果がコレ。

jyo-kyu-hen1.jpg
うわー卵入れたらすぐごはんいれんといかんし、ひっくり返さないかんのに鉄鍋はめちゃくちゃ重いしもうてんやわんや。゚(*゚´Д)ノ。゚ヽ(  )ノ゚。ヽ(Д`゚*)ノ゚。。゚ヽ(*゚´Д`゚)ノ゚

jyo-kyu-hen2.jpg
うーむ、最初からうまくいうわけないとは思っていたものの、ご飯がだまだまのダメダメ。ちょっと上級者気取りになってたのにがっくし_| ̄|○


jyo-kyu-hen3.jpg
リベンジ。何回も失敗すると落ち着いて段取りが組めるようになるものです。具材は先に炒めておいてとりあえず別のところにおいておき、仕上げに混ぜるのがコツです。随分鉄なべを振り回せるようになってきました。

jyo-kyu-hen4.jpg
完全とはいかないもののなかなかパラパラに仕上がりました。いいな鉄鍋(*´∀`*)ポワワ

まとめ(初級編と上級編の比較など)

初級編
・ご飯は完全にパラパラにすることが出来ますが、パラパラになるまでとにかく時間がかかる。
・ごはんを卵でコーティングするため、味が感じにくく、鉄鍋にくらべついつい塩分過多になりがちなのでで体に悪い。

上級編
・完全にパラパラにするには相当な技術が必要。自分ではまだまだその域に達する見通しすら立てず。
・初級編にくらべ炒め時間が短くて済む。
・テフロンに比べ鉄鍋は手入れが面倒くさい。
・野菜炒めのうまさに感動。もうテフロンで炒めた野菜炒めなんて喰えない。

初級編と上級編とを試してみた感想はざっとこんな感じです。手間はかかりますがチャーハンを含めて炒め物は断然鉄鍋がおいしいです。今まで炒めるというのは単純に焼くことだと思ったんですが、炒めるというのはむしろ少量の油で揚げるというのに近いんじゃないかと思います。もやしなんかは顕著な例で、テフロンで炒めると水っぽくてべちゃべちゃするのに、強火で熱した鉄鍋だともやしの表面を油で揚げるかんじになるのでもやしの水分が外に漏れずもやしが全然水っぽくならない。
とにかく炒め物がとってもおいしく作れるようになったので、それだけでもこのスレに感謝ですね。あんましおいしいもんだからしばらくは炒め物が続きそうな予感。体重がさらに増えそうな悪寒。

応用編

■45 ラーメン
ラーメンも書いとくな。といっても麺打ったり鶏がらスープ作ったりとかできないぞ。
インスタントラーメンのうまい作り方だ。栄養も満点だぞ。
具は肉野菜なんでも良いぞ。ハム、鶏、牛肉、豚肉、ベーコン、たまねぎ、ニンジン、もやし、しいたけ。
あと、キャベツは外したくないな。量は控えめにしろよ、どんぶりから溢れるぞ。

でな適当な大きさに切っとけ。適当でいいぞ。
まずな、炒めるんだ。もやし炒めのところ見てくれ。油多目の方がいいぞ。
でな、ちんちんに熱くしてな、野菜からほおり込め。
熱いまま油を全体に回すようにして、適当に鍋振って炒めろ。
強火でな。焦がすなよ。ほどほどに炒めれば良いぞ。で、肉類入れろ。
完全に火を通さなくて良いからな。

■46 ラーメン その2
もう一回言うぞ。表面だけ炒めちゃえばいいからな。
でだ、水入れろ。湯でもいいぞ。強火のままな。
量はラーメンの袋に書いてある規定量の+50~100ccくらいだ。
そのまま、沸騰させろ。蓋してな。しばしそのままだ。2分くらいだ。
でな、蓋とって、火を弱めて沸騰しないようにしてくれ。
スープ入れろ。粉も液体もな。全部だ。1分くらい軽くくつくつと煮ろ。
でな、麺入れろ。具の真中に穴作って押しこめ。
伸びやすいからつまみ食いしながら、様子みろ。ちょっと固めのアルデンテになれば完成だ。
これは、たまらんぞ。ポイントは野菜をあっつい油で一気に炒めるとこな。

jyo-kyu-hen5.jpg

鍋のあとのラーメンみたいでこれもうまうまですね。でも歯応えのある野菜が好きな人には向かないかもしれませぬ。

前回のエントリー
おいしいチャーハンの作り方のスレを実践してみる 初級編
関連記事
食べログ グルメブログランキング

     ↑  ↑ 
ランキングに参加しています。お気に召します内容でしたらひとつポチットお願い致します(ー人ー)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://toriaezutuzukumade.blog85.fc2.com/tb.php/166-e38eb167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。