2007/05/15

黒豚・地鶏 Pork Bird 熊本市南区

お値段が少々お高めですので、ごはんは3杯は食べれるようおかずのペース配分を考えておきましょう(笑)



porkbird1.jpg
店内は新規店だけあって中々おされです。途中の渡り廊下ではガラス越しに厨房を覗くことができます。

porkbird2.jpg
昼はサラダ食べ放題。んが、柑橘系のきいたドレッシングが自分には合いませんでした。

porkbird3.jpg
地鶏の炭火き1050円。近江軍鶏らしい。炭火の香ばしさでご飯がいける。

porkbird4.jpg
しゃぶかつ定食1450円。豚は六白黒豚というのにこだわっているらしい。

porkbird5.jpg
まさに黒豚のミルフィーユやぁ。

porkbird6.jpg
デザートのプリン。プリンの底浅っ。見た目よりかなり少ないです。

porkbird7.jpg
アイスは普通。コーヒーはキーコーヒーのもよう。食後のコーヒーはやっぱたかはしのがおいしかったな。

感想
オープンしたばっかしっぽかったのでいってみました。店構えからしてちょいとお高そうなおもむきだったので、とりあえずランチから試してみることに。どうやらここは彩炉や土房の姉妹店らしく、従ってお値段もランチにしては中々のもの。そのまんまの名前のとおり、ここは豚と鳥の専門店らしく、その肉に対するこだわりみたいなのがレジ脇の横に置いてある名刺大の紙にぎっしり書いてありました。もらってきたそれによると、黒豚は六白黒豚という黒毛に六箇所の白い部分があり、植物性飼料を使った…とか色々書いてありますが、率直に食べた感想を言うとそこまで豚肉の違いを感じなかったなぁ。確かにおいしいんだけどそこまでは…という感じ。そういえば以前黄金伝説の100円レシピ対決で三瓶が同じように豚しゃぶ肉を重ねてとんかつを作り、審査員から絶賛されてのを思い出しました。しゃぶかつが出来上がるまでの手順を見てたんですがあれは結構な手間がかかってたよなぁ。手間さえおしまなければ自分ちでも結構おいしいしゃぶかつが出来るかも?
鶏肉に関しても「当店の軍鶏は近江の里山の自然の中で、通常の3倍の150日以上の飼育期間でのびのび育てられた…」とこだわりが書いてありましたが、近江って言うと滋賀県ですよね?どうせこだわるなら地元の天草大王でも使えばいいのにとか思ったり。まあでもおいしかったけど。地鶏にありがちなただ肉が硬いだけということもなく、ここの軍鶏は歯切れもよく香ばしかった。昼の定食はご飯のおかわり自由なんで、値段のせいもあってか3杯はおかわりしましたよ。添えられた豚味噌がおいしくこれだけでごはん1杯は食べられましたなあ。できたら今度からは豚味噌もおかわり自由にしてほしい。

※評価

関連記事

ランキング参加中です。
↓ひとつポチっとお願いします。
にほんブログ村 グルメブログ 九州食べ歩きへ

コメント

非公開コメント