2006/12/30

炊飯器でシチュー

ダイエット シチュー

母親からビーフシチューのルーをまとめてもらってきました。母曰く、当初はシチューを作ると意気込んでても、結局はカレーになってしまうんだそうです。確かにカレーならご飯さえあれば主食になりますが、シチューだとあと何か一品作らなくちゃならないですからね。母は専業主婦ではないので手間を考えたらそれも納得かと。んでそのデフレスパイラルを繰り返し、負債(シチューのルー)が食品棚に溜まっていった、つーわけです。で、もらったルーを元にビーフシチューを作ってみました。いや、正確には「とりの胸肉ビーフシチュー炊飯器仕立てダイエット仕様」うん、長ったらしい割りに全く意味不明ですが作り方は非常に簡単。

炊飯器の中に
・玉葱2個
・人参1本
・鳥の胸肉400g
・水1リットル
・粉末コンソメとバターを少々

炊飯器には夜のうちぶちこんでおき、起きる時間に合わせて炊飯器のタイマーをセット。朝起きたらルーを混ぜて出来上がり!!ダイエット仕様なので炭水化物のジャガイモは排除。肉はとりの胸肉(100g37円)でカロリーも材料費もカット。炊飯器で炊くことで光熱費もガスと比べて10分の1に節約(黄金伝説より)また炊飯器には圧力鍋に似た効果があるそうで短時間で野菜も煮崩れせず中までホクホク。
つまり、「とりの胸肉ビーフシチュー炊飯器仕立てダイエット仕様」は節約・ダイエット・省手間の酸味いっぱい…もとい三位一体の折衷ダイエット料理だったのです。だだだだん♪!
うん、我ながらうまうま!!!これならシチューだけで3杯はいけます(ダイエット台無し)
関連記事